私の手の中のしあわせ

本屋さんで会計してもらってる間に
カウンターにある本を何気なく手に取る

青い空に赤いマフラーの犬がキリリと顔を上げた写真
タイトルは 「人生はワンチャンス!」・・・クックッ

一目ぼれ

となりにはネコシリーズで 「人生はニャンとかなる」だって

こういうダジャレ・・・ツボなんだなあ

ワンコ達の楽しい写真に「大切なこと」が添えられているんだけど
そのひとつひとつがあまりにもドンピシャで笑ってしまう

中でもこの一枚に一目ぼれ
一番お気に入り


私の手の中のしあわせ



私も真似して



手のひらに
幸せ、抱いてみました










スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

しあわせが…(^-^)

てのひらいっぱいのしあわせが、
この小さな画面を通して伝わってきます♡
今日はとても疲れたので、pocoさんとりくくんのむぎゅー画像に癒されています♪

♪花楓☆ さんへ

お疲れ、取れましたか?風邪引かないように気をつけてね
柔らかく暖かいペットの存在が、心身の疲れを癒してくれますね
厳しい寒さが続いていますが、アール君はがんばってるかな?

今日も可愛い~♪

りくくん、目を閉じていても、
穏やかな安心感が伝わってきますね。

ところで、pocoさん、
お口でシャッター押してはりますの?

♪SP♪さんへ

そうなんです、口でシャッターを押してます!

・・・なんてね
そりゃなんぼなんでも無理ですv-393

両手使う場合は、家族に撮ってもらってます
いっぱい注文付けてねv-391

和んでもらえたら幸いですv-398

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/823-be8cdc00

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2