人知れず咲く

母は、庭の花が咲くといつも話しかけていました
「よう咲いたねえ、きれいよ」

そんな母も今では、庭に興味関心を示すことは少なくなりました
「お母さん、梅がきれいに咲いたね」と言うとそう?と目をやり「あらあ,ほんまに」と声を上げますが
しばらくするともう忘れています

主の称賛がないせいか実家の梅も蝋梅も今年は花の数が減りました

そんな庭の枯草のあいだにあれっ!赤い色
3月とは思えない寒さの中に
小さい小さいチューリップが一輪
寒さに負けず

りくの鼻づらと較べればその小ささが際立ちます

いじらしさに、かつての母のように
「よう咲いたね、えらかったね」といっぱい褒めてやりました

毎週泊りがけの実家通いをしてはいるけれど
家の中のことをするのが精いっぱいで、庭の手入れまで手が回りません
気付けば、水仙が今が盛りとばかり芳香を放っています

母の分も愛でてやらないとね
水仙

クンクン
クンクン・・母ちゃんいい匂いするよ

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ご褒美

小さな小さな赤いチューリップは
きっと、pocoさんへの神様からのご褒美よ!

実は私も今日、植込みにのぞく水仙の芳香に遠く神戸のpocoさんのお母様のことを思っていました。
いつまでもお元気でいてほしいです。

すてきなお母様

咲いた花に話しかけるなんて、すてきなお母様なんですねぇ〜!
pocoさんがお母さんに代わってドンドン言ってあげましょう♪
娘だけが知っているお母さんのすてきなところ・・。
すてきな習慣を受け継ぐことができますね。

うちの母は家事をしながらたまに鼻歌を歌うんですが、ソレ楽しそうでイイなーマネしたいなーと思うんだけど、歌を口ずさむ習慣がないもので、自然に歌が出てきません・・。

娘さんも、pocoさんのすてきなところをいっぱい見ていると思いますよ!

♪もりママさんへ

> 実は私も今日、植込みにのぞく水仙の芳香に遠く神戸のpocoさんのお母様のことを思っていました。
まあ、ありがとうございます
もりママさんの温かいお言葉、大きな励ましになります

花が好きだったのに、咲いた花に目をやることも忘れている母を見るには切ないものがありますが
それでもまだ歌を歌ったり編み物もできる、話もできることはありがたいです

あんまり無理せずやっていきます


♪カッパさんへ

> 咲いた花に話しかけるなんて、すてきなお母様なんですねぇ〜!
あれっ?みんな話しかけないんですか?(笑)
褒めてやった方がきれいな花が咲いたり実がたくさんついたりするそうですよ

> うちの母は家事をしながらたまに鼻歌を歌うんですが
あっ、いいな。お母さまはきっと陽気で明るい方ですね。
私もたまに鼻歌歌ってる自分に気付いて「あっ私今ご機嫌なんだ!」って思います

>歌を口ずさむ習慣がないもので、自然に歌が出てきません・・。
アハハ、あれって習慣なのか
私たちはカッパさんみたいにチョイチョイとイラストが描く習慣がないので(@^^)全く描けませんよ

> 娘さんも、pocoさんのすてきなところをいっぱい見ていると思いますよ!
そうかなあ。厳しいチェックはよく入りますけどねv-389

癒し~♡

花とりくくん♡
癒し画像ありがとうございます(^-^)
花と大きさ一緒くらいで、まるで花の精ですね♪
うちもちょうどミニチューリップの鉢を飾りました。早く咲くといいな~。

♪花楓☆さんへ

3月後半だと言うのに、また北日本は吹雪に見舞われているようですが
大丈夫ですか?
チューリップの咲く春が待たれますね

りくの写真、喜んでいただけてうれしいです
おやつが過ぎたのか体重が少し増えたので
今後はモデル料はなしですv-392

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/829-632544a5

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2