DMVOX報告 ・・・by poco夫

第31回DM VOXの報告をします。

DM VOXの前に
バビさん、myさん、そらさんと鶴橋の焼肉屋で昼食会がありました。

私は皆さんとは初対面でしたが
駅前でmyと書いた紙を持って
myさんとバビさんが待っていてくれたのはうれしかったですね。
焼肉屋のテーブルに着くとみんな当然のように一斉に血糖測定を始めました。
これを見て一気に親しみが増し、連帯感を感じました。

後にDM VOXがあるので、ビールはよそうと言ってたのに
やっぱり飲もうということで意見が一致し、美味しい昼食を楽しめました。
お世話してくださったバビさん、ありがとうございました。

DM VOXの会場は
私が行った前々会に比べて、空席がやや目立ったように思いました。
前回が抽選だったのが影響を与えたのか、或いは席数が増えたからかよくは分かりませんが
DM VOXが今後も盛況であることを祈りたいと思います。

大阪市立大学の川村先生の
「インスリン療法の最新情報」の血糖値連続モニターについての話は、非常に興味深く聞きました。
アメリカでは、電極を体に着けて血糖値を連続的に測る小型のセンサー数種類が既に実用化されつつあるそうです。
しかし器械本体は数十万円、消耗品の電極(3日間しか使えない)が1万円位ということなので、とても実用的な価格レベルではないようです。
でもたくさん売れれば値段は下がる筈ですので、それを期待しましょう。

全体会後のグループディスカッションは、カーボカウントのグループに入りました。
意外と中高年が多く、カーボカウントをよく知っている人と、全く知識がない人が半々という感じでした。
川村先生からひと通り説明があり、まずはラフでよいのでカーボカウントを実践することが重要ということでした。
小児発症者は、サマーキャンプでビュッフェスタイルの自由な食事を通じてカーボカウントの訓練をしており、大抵の人がかなり上手くカウント出来るようになるそうです。
中高年向けのサマーキャンプもやってほしいと真剣に思いました。

VOXの後の懇親会にも出席しました。
ここでも一斉に血糖測定とインスリン注射が始まり
自然にIDDM仲間という連帯感が高まりました。
周りの眼を気にせずに血糖測定やインスリン注射が出来るって、心地いいですね。

でも、みなさんの飲み食いの勢いには圧倒されました。
ほとんどは女性でしたが、本当に良く飲み、食べ、しゃべってました。
私もそこそこは頑張ったつもりですが完璧に負けていました。

隣に座ったそらさんには
「インスリンを私の許可無く打ったらあかん、低血糖になったらどうするの」と
厳しく言われて参りました。まるでpocoが隣にいるようでした。
このことを家に帰ってpocoに言ったら
「まあ、そらちゃんっていい子ね。」と喜んでいました。

なにはともあれ、とても充実した一日を過ごすことが出来ました。
バビさん、myさん、そらさん、風さん、りんごさん、お世話になりました。

また、3月に会いましょう。
   
                poco夫(ぽこお) 記

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ただね~

POCO様そして、夫様←これね。POCOおさん??POCOおっとさん??ヽ(^^)(^^)ノ
私は、初心者だし何でも言えるんですよ~そして、わからないから、何だか打ちすぎって言うイメージで言えるんですよ~信用しないようにね~m(_ _)m

それにしても、確かに業務報告のように・・・絵文字一切なし!ですね~そんな真面目な父ちゃん好きよ~って、POCOさん、ジェラシー感じないでね~(⌒∇⌒)ノフリフリ
でも、別れ際、私下がってましたから~( ̄□ ̄;)!!ガーン

poco夫さん、昨日はありがとうございました。
とってもダンディーな方でビックリしました。
昔はさぞかし、モテられたんでは??v-10
本当そらちゃんはオカンみたいでしたね。
かなり豪快な呑み食べをお見せしましたが
参考になりましたか??(ならんって・・)

poco夫さんがイケメンだったので、きっと
pocoさんも美女なんでしょうね。。

ご主人様、とても楽しく有意義な1日であったことが、よく分かりましたよ。
理路整然としていて、さすが!
myさんやそらさんやパピさんたちとの交流の様子も想像出来て、例会の内容もディスカッションの様子もバッチリ!
ご報告感謝します。ありがとうございました。

pocoさん、ステキなご主人様ですねぇ・・・うふふ

ダンディパパさん

大阪ではお世話になりました。
ほんとっ、poco夫さん、素敵な方でしたよー。

大酒のみ、大喰らいのレッテルは絶対はがれなさそうなmyとバビさんです。

飲み会のあと、私も追加射ちの嵐でした。
ふぅー、またまた、大台突破か・・・。

あっっ

最後に(ぽこお)って、書いてました(^○^)/

それにしても、モテモテですね~多分、風ちゃんも同意見では??(=^0^=)/

POCOちゃん!危うし!!

>そらちゃん

昨日は、すっかり私の代わりを務めていただいたようで(笑)
ありがとうございましたv-436
おかげで無事帰ってまいりました(^o^)

おまけに、カッパさんところで話題になったばかりのあじゃり餅までおみやげにいただきまして・・・とても美味しくいただきました。

>確かに業務報告のように

これでも、私に言われて、だいぶん柔らかく書き直したんですよ。
最初、箇条書きでしたもの(笑)

あっ、そらちゃんのこと、めっちゃかわいい人やってゆうてましたよ。
背中の開いたタンクトップ姿は、おじさんの目には強烈やったみたいです。

それから
最後のぽこおって言うのはそらちゃんに言われて、後から書き足しました(^_^;)

pocoちゃんって言う響きええわあv-238



>バビさん

昨日はお世話になりました。
日ごろ若い女性に囲まれることなどないので超ご機嫌で帰って来ました。

バビさんのブログから受けるイメージとはちがったようで
すごく優しい人だったんだよ、と意外そうに(笑)言っておりました

でも飲みっぷりは、イメージどおりだったようです(笑)

>pocoさんも美女なんでしょうね

なんて書かれたら、次も行けませんv-389

>もりママさん

とにかく自分以外の人が
血糖測定したり、注射をしているところを見るのが初めてですから
とても嬉しかったみたいです(笑)

このような交流がもてたのも
みんなブログのおかげ~
あれっ?それって私のおかげじゃない?
pocoのおかげで楽しかったよ・・・って聞いてないなあ(笑)

あ~~あ、相変わらずですv-390

>myさん

昨日はお世話になりました。

myさんはブログから
落ち着いた奥様を連想してたらしいのですが
とっても明るくて、若い!と驚いておりました。
飲みっぷり、食べっぷりにも!

youさんの掲示板に書き込みをしたのに
myさんが、答えてくださったのがきっかけで
このようなうれしい交流を持つことが出来ました。
本当に感謝しています。

夫婦ともども、
今後もよろしくお願いします。

おはよう御座います。
そしてお疲れ様でした。
ろくにご挨拶をしておりませんで、すみませんでした。
GDで先生の正面に座られていた方ですね?
質問も的を得た事ばかりでしたし、覚えております。
先週末に子供の運動会でぎっくり腰になり、痛み止めとコルセットのお世話になりながら参加していたので、意識が少し飛んでおりましたのと、急に「カーボへ行って」と言われて急に飛び込んだもので、何の準備もしておりませんでした。発表があるのも終わってから聞いたくらいです。
カーボも黒田式を実践する前に書物で川村先生を初めて知ったくらい知識は浅いんですが、黒田式を実践していますので、何か御座いましたら、仰って下さい。
11月に「ヤング公開スクール」が御座います。それもお訪ねになられましたら?
では。

行きたかった。

講演も前後の食事兼飲み会も有意義だった様子、良かったですねエ。
20日は会社の支払日にあたり大阪のセミナ-は無理だって最初から諦めていたんですが・・・。

pocoさんのご紹介下さった(どうも有難う御座います)名古屋のヤングセミナ-は糖尿病ネットワ-クから11月はじめにある事を知っていたので夫と「参加させてもらおうか」って話していた所なんです。
勿論、シャイおやじの夫に私が付き添って行く事になるんですが。
名古屋にはいらっしゃらないんですか?


たのしかったようですね!

わあー!夫さんが書いてるぅー!
みなさんのお返事コメントを読んだり、知り合いになったみんなのブログを読んだり、たのしみが広がりますよね!!
文章、とても読みやすくてわかりやすくて、優しさがあふれています。お二人とも文才があるんですねー。
思うことがあったら、また書いてほしいですなぁ。

こうしてだんだんと、病気との関係が楽しい方向へすすむことを祈ります。v-78

うれすぃ~

まぁ!!むっちゃかわいいって~本人に言って言って~(⌒∇⌒)ノフリフリ
頭に乗って、木から落ちるから~( ̄□ ̄;)!!ガーン

いやいや、私はオカンのごとく・・・いやいや・・・とりあえず、”打つな”攻撃してしまいました。まさか、本当に控えてくださってたとは・・・

背中の開いたタンクトップ・・・この夏、一度もお目見えできず、かわいそうで・・暑かったので着てみました・・・高校生の背中は、せくすぃ~でしょ??( ̄ェ ̄;

PS,言葉の端々で、褒めておられてましたよ。感謝も。。。POCOさんの事。愛が見えました~ゝ(^.^) 君がいて... σ(^_^ )僕がいる♪ 

交流

pocoさん、poco夫さん。
こんばんは。

私こそ、交流の輪が広がって感謝しています。
自分以外の人が、食事前に、一斉に測定して、注射して・・・。
いつも、人目を避けて行うことを、皆あっけらかんとして行う・・・。
それを目の当たりに出来ることが、オフ会の良さデス。
最初の一歩の時、そんなことが涙が出るほど嬉しかったデス。
だから、初コメの方や、おひとりで参加の方を見ると、お仲間にって誘いたくなっちゃいます。皆が自分と同じ感覚ではないとわかっているんですが、お節介でしょうかねー。
でも、pocoさんご夫妻は、同じ気持ちを共有できたようで良かったデス。
こちらこそ、よろしくお願いします。
よかったら、名古屋は・・・?

追伸、やっぱり、poco夫さんも、MYブログとのギャップおありですかー? ・・・です。

こんにちわ~!

遅ればせながら。。
poco夫さん、懇親会ではお世話になり、ありがとうございました!m(__)m
楽しかったです♪

やはり普段が一人なだけに、みんなで一斉に測定したり注射を射ったりすると連帯感が高まるし、「また頑張ろう!」って元気が出ますよね!(^^)v

それにしても夫さん、優しそうでナイスミドルな感じで、本当に素敵でした。ヽ(´▽`)/
(え?オッサンに言われてもうれしくないスか?(笑)

poco夫様へ

はじめまして!
ご主人からの報告だったのにpocoさんへのメッセ-ジを入れてしまい、ごめんなさい。

早速ですが一度お話を伺いたいと思っていたので図々しく質問させて下さい。

血糖測定時間は食後2~3時間後ですか?食前ですか?
本当なら一日7~8回くらいが出来ればいいのですが、チップが足りないこともあり・・・。

夫の場合、食後に目標値を置くとその後低血糖になりやすいし(仕事柄動いている事が多いから?)、食前に目標を置くと2~3時間後は高めが多く、追加打ちをしたい気持をぐっとこらえてます。
出来るだけ高血糖は避けたい、かといって
余分な補食でややお腹が出て来た夫をますますおっさん体型にはさせたくないし。
(皆さんがいわれるように確かに夫も体重が増えています。)
主治医はA1C第一主義者で「このままでいいでしょう・・・。」
返事は同じなんです。

皆さんがどんな理由で目標値を食後に置くのか、食前に置くのか聞いて参考にしたかったのです。




カズの妻さんへ

割り込みすみません。

カズの妻さん

食前と食後の両方ともターゲットにされた方がコントロールが良いですよ。

私はカーボカウントを実践していて、コントロールを計数化して掴んでおります。
まずはインシュリン感受性とインシュリンカーボ比が必要になります。
インシュリン感受性とはインシュリン1単位で血糖値がどれだけ下がるか。
インシュリンカーボ比は1カーボの炭水化物を消費するのに何単位のインシュリンが必要となるかです。

食前を100に設定し、食後2時間を150と設定し、そうなるようにターゲットとの差異をインシュリン感受性から導き出した追加インシュリンを投与して、モグラたたきをします。
そしてこれから食べる食品に含まれる炭水化物量をICRで割って、FOODのインシュリン必要量を注入します。
この二つで次の食前血糖が100になるようにコントロールが出来るはずです。
もちろん、計測時に低血糖や高血糖になる事もありますが、慣れてくるとうまくコントロールがついてきます。
体重もFOODを加減量すれば、インシュリン量も加減量するわけですから簡単に増減できます。

もっと慣れてきたらタンパク質や脂質の加減も出来ますから、よりコントロールが良くなりますよ。

後はベースの設定ですが、これは少々難しいです(ランタス等の20時間近く持続するもの)。変にいじると後まで響きますから。これだけはポンプ使用者でないと怖いです。

チップはしばらくでしたら、コントロールを要するため欲しいですと言えば、追加で頂けると聞いております。
私は一日10回近く計ってコントロールしております。多すぎるとは怒られていますが・・・。
コントロールがついたら減らす事も可能ですから。

割り込んですみませんでした。

続きで~す

今日は仕事になっちゃいました。
事務所で書き込みしていたら
「腹減ったア!帰ろう!」って夫の声。
お腹空いた?危ない、危ない。
家に戻って支度して、今又続き書いている状況です。

さて続き、
pocoさんの話しから推理すると多分poco夫さんは2(3)時間後に照準を合わせているんですよね?
低血糖→補食→高血糖ってなること多くありません?

そんな話し皆さんから出ませんでしたか?
血糖値落ち着いてくるともっと良くしたい!ってついつい思っちゃうんですよネ。

>みなさま~

poco夫初の記事に、コメントありがとうございます。
皆様の反応が気になるらしく、私より先に読んでとても嬉しそうです。
そのくせ、あなた宛のコメントにはお返事しないと!と言ったら
「エーーッ、勘弁してよ、ボクがポイント言うからpocoが書いて」と懇願されました。
無理もないですね。
理科系人間pocoo夫が、皆様にお返事するとなると徹夜しないといけないかも・・・

という訳で、はなはだ失礼ながら
pocoが代筆させていただきますv-436

お節介

こんばんわ。

仕事の合間にご夫妻のブログを最初から拝見しておりました。

旦那様とはVOXでお目にかかっているはずでしたのに。お邪魔したのは今日からでした。

当方は発症27年になる1型の糖尿病患者で昨年12月にポンプを付けて頂くまで合併症も殆ど無く、現在に至っております。

現在の主治医の先生がVOXのスタッフドクターで、先生の引きでVOXに出没しております。

ターゲットをあまり低く設定致しますと無自覚低血糖に陥る恐れが御座います。
これは眼底出血や神経障害等の合併症になる恐れがありますし、低血糖昏睡まで下がっても本人が自覚できないと恐ろしい結果が待っています。
ヘモは低い方が良いのは確かですが、低血糖を頻発さえすれば必然的に下がるものですし、それより食前ターゲットを少々上げられた方が良いのでは?

秤ですが、私は25年前から電子ばかりを使っていましたよ。当時はかなり大きかったですが、周りの目を気にしていては良好なコントロールが出来ませんし、目分量が出来るようになれば、必要なくなりますから、どこでもお使いになられては?もっとも私の使っていた当時はカロリー計算用でしたが。

外食で食べる物はそんなに変わったものを毎回食べるわけではありませんし、インシュリンカウントをするつもりで食した食べ物に何単位のインシュリンが必要であった事さえ知れれば、二回目以降に同じものを食べる際に前回使った量を投与すれば間違う事も無くなりますよ。

そうしてカーボを掴んでいくと、捕食を減らして行けますし、食後の高血糖やそのモグラたたきも減りますし、良いのでは?

と偉そうにいっていますが、本人はカーボコントロールにばかり目をやりすぎて栄養管理を怠り、半年で10キロ減量してしまい、現在は筋力トレーニングをしつつ、増量に励んでおります。

良いも悪いも本人の自覚でしょうか?

お節介でした。

>クルトさん

同じグループだったんですね!

カーボは実践中ではありますが
黒田式と言うのはまったく存じませんので
11月の「ヤング公開スクール」に
DMVOX翌日に早速申し込みました。
ヤング、というのが気に入りませんが・・・(笑)

ヤング?

こんばんわ。

望月先生(スキンヘッドの先生)の横に座ってインシュリンのバイヤルを偉そうに見せていたおじさんですよ。

「ヤング公開スクール」では黒田式の実践事例として私が講演するそうです。
6月の先生の分科会で議事録をつけていたので、あんたが一番詳しいだろうだそうです。

私は昭和36年生まれですし、ヤングではありませんが、人とのつながりを大事にしたい性分で、請われれば断れない性分です。
これまではインシュリンカウントを発症してから自然と行ってきていたわけですから、カーボをうまく掴めば合併症等の重度の問題が生じにくい生き証人でしょう。
無自覚低血糖も有りませんし。(70を下回ると感じます)

黒田式といっても、取り立てて変わった事をしているわけではなく、ターゲットの設定とカーボカウントさえうまくいけば、面白いようにコントロールできる合理的で恣意性の入らない方法です。
ただ、カーボにばかり目をやりすぎると、恐ろしい結果が待っていますが。

私で良ければ、何でも仰って下さい。
一緒に解決していきましょう。

>カズの妻さん

11月のセミナーに行かれたらぜひ感想をお聞かせくださいね。
何なら、ご主人からでも(笑)

血糖測定はご推察どおり食後2時間でした(過去形です!)

退職前は、仕事中に何かあってはいけないという気持ちから、食後測定をしていました。
それで、調整もしやすかったので
食後測定が習慣になっていたのです。

クルトさんのおっしゃるように、チップがふんだんに出してもらえるなら
食前も食後も測ればいいのですが
どう頑張っても、月120枚が限界ですから。

しかし
スライディングスケールを実践するには
食前測定が不可欠です。
pocoの強い勧めもあって
最近は食前測定を心がけています。

>カッパさん

カッパさんの提案があったから書いたんですよ!

最初は、エーーッ!とか言ってたくせに
結構その気で、頑張ってました。
コメントたくさんいただけてとても嬉しそうです。

>だんだんと、病気との関係が楽しい方向へすすむことを祈ります

どんどん楽しい方向に向かっているようです(笑)
これからも機会があれば、「poco夫 記」っていうのを入れて行きたいと思います。

その前に、チャンと自分でコメントにお返事しなくちゃね。

>そらちゃん

高校生!?こら~~っ!

>言葉の端々で、褒めておられてましたよ。

生で聞きたいわ~v-414

>myさん

夫が「myさんはいっぱい知り合いがいるみたいで、あっちこっち引っ張りだこだったよ」って感心していました。
「ブログで後ろ向き、後ろ向き~って書いてるから、もっと暗い人かと思ってたのに、ぜんぜんちがうんだよ」ですって
ここら辺が、ギャップだったようです(笑)

>初コメの方や、おひとりで参加の方を見ると、お仲間にって誘いたくなっちゃいます

myさんのこの姿勢にどれだけ助けられた人がいるでしょう。
もちろん、私どももそのうちの二人です。


>風さん

イエイエ、男性からでも、ほめられるのは嬉しいようです。
あっちの気はありませんけど(笑)

こちらこそお世話になりました。
物静かな好青年だったよって言ってました。

「風さんは、カゼさんって言うのか、フウさんって言うのかどっちなんだろう?」って
ふうがわりな男さんだからフウさんでいいんですよね?

>クルトさん

最初、てっきり女性とばかり思っていてピンとこなかったようです。

ポンプ云々を読んで
あーーあの方か!と納得していました。

お節介だ何てとんでもない!
クルトさんのおっしゃっていること
すべて、声を大にして
夫に伝えたいことばかりです

ブログを読んでいただいたのならお分かりと思いますが
夫はとても真面目に病気と取り組んでいます。
しかし、無自覚低血糖の多さは尋常でない
と私は思っています。
口がすっぱくなるほど、これではいけない、下げすぎないで、と言ってきました。

夫は夫で、自分なりに考え努力もしている
という自負もありますから
なかなか、やり方を変えようとはしませんでした。

しかし相変わらずの低血糖頻発に
さすがにこれではいかんと思ったか
妻の小言がうるさくなったか(笑)
最近になってようやく
取り組み直してみようという姿勢がでてきたように思います。

黒田式セミナーにもとても興味を持っています。
クルトさんが講演をされると聞いて、より楽しみになったようです。

>面白いようにコントロールできる合理的で恣意性の入らない方法

是非夫にご教授下さい!

今後ともよろしくお願いいたします。





お願い

おはよう御座います。

女性に間違われていましたか?
確かにお節介ですからね。

黒田式と行っても変な事は致しませんし、ただ少しタイトな設定とトライアンドエラーで二度目は決して失敗しない事を目指しているのかな?

名前自体が確立されたものでは有りませんし、私も結構自分なりに行っていますから、どこまでがオリジナルなのか先生にお伺いします。

お願いなのですが、
GDで旦那様がおつけになられていた報告をお見せ頂けませんか?
急にレポートを作成しろと上から言われたのですが、私が担当する予定ではなかったので、メモも取っていないし、ボイスレコーダーで質問内容等も録音していないし、記憶が半分飛んでおります。(黒田先生とここが違うぞ。ここは同じだ。ここを修正すれば良いぞ。)という感じで頭に入れましたから、かなり全体の内容がいびつになっております。

御手数ですが、覚えておられる範囲で、お聞かせくださいませんでしょうか?

カーボカウントならびにこれまでの私の経験等でしたら、幾らでもお伝え致しますから。

恥を忍んでぜひお願いします。

>クルトさん

運動会に行って・・・の文章があったもので、てっきりお母さんと・・・
お父さんも運動会に行かれますよね(笑)

GPのレポートですが
大したことは何もないんだけど、と言っておりますが
一応まとめたものをメールで送るそうです。

お役に立てれば幸いです。

有り難う御座います。

おはよう御座います。

助かります。

役割分担から外れていたので、まさか私におはちが回ってくるとは思いもせず、頭の中では自分の普段使っているカーボカウントと川村先生の仰った方法の違いしか入力しなかったので、特に他の方々の質問は完全に頭に残っておりません。

お手間をおかけし、申し訳御座いません。

私でお役に立てる事が有れば、何なりと仰って下さい。

こんばんわ~!

遅くなりまして・・・。(^^ゞ

ふうがわりな男ですので、皆さんからはpocoさんの仰るように呼んで頂いてます。


poco夫さんはあっちの気はないですか。。
残念です・・・。(何でやねん!(笑)

>風 さん

エッチの気はあっても
アッチの気はないと思います・・・・多分v-389

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/84-88d4f571

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2