スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平穏揺らぐ

お酒を飲んで憂さを晴らす人もいれば
歌を歌ってストレス発散する人もいる

私の場合は、人にしゃべったり
日記に書くなど文章にすることで気持ちを軽くしてきた

しかし今度ばかりはちがう
人に話すと悪いものが拡散しそうな気がした
その言葉を記すことで、周りのもっと悪い物がとりつきそうな気さえして
書けなかった
書くには重すぎた

あれから20日あまり
とても長い時が過ぎたように感じるが、まだ同じ月の出来事なのか

4月8日
夫がガンの診断を受けた・・・・血管肉腫
症例数が少なく、治療法の選択も医療機関によってまちまちという難しいものだ

厳しい事実が頭の中に浸透してくるにつれて
明日にでも夫が消えてしまいそうで
何を見ても何をしていても胸がつまる

じっとしていると苦しくて、やたら働く私に
夫が「大丈夫?」と聞いてくれる
一番つらいのは彼なのに
そんなに優しくしないでよ、と
こらえている涙があふれでた

一瞬たりとも緊張が緩まない
浅い眠りの間だけが現実を忘れさせてくれるが
目覚めた瞬間に胸がいっぱいになる
時折深呼吸しないと息苦しくなる

そんなどうしようもなくつらい状態も
入院し治療が始まり少し落ち着いた

娘の存在が心強い。去年東京での仕事を辞めて帰って来ていてくれてよかった
仕事の合間を縫って名古屋から帰ってきてくれた息子の顔を見たら肩の力が抜けた
りくを抱いていると気持ちが和らぐ

不安はぬぐいきれはしないが
お腹もすくようになった
薬の力を借りなくても眠りにつけるようにもなった

なによりも
夫が落ち着いている
少しもうろたえることなく
明るく過ごしている

夫は元気で生きているのだ

私がへこたれていてどうする!


沈みがちな心を、これからは文章に記すことで奮起させていこうと思う

治療が功を奏し、心から笑えるその日を待ちながら。
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

No title

pocoちゃんご無沙汰です。
poco夫ちゃん、何と…
安い慰めの言葉なんかより、と思えど
なんかより、なんだろう。

とにかく、とにかく、
ここで見つめている友人がいるということを
お伝えしたくて…

No title

pocoさん、よくここに書いてくださいましたね。
前の方がコメントしておられるように
ここに来られる皆さんも
pocoさんを見守っていると思います。


平穏を祈念

先日、pocoさんご一家のこと、メール頂き、ご主人様のことを読んで以来、ずーーっと祈念しています。

こんな新緑の美しい季節なのに・・・
桜も咲いて、花吹雪の中にいるのに・・・
なんでやねん!!

私の発症もこの季節でしたし、静かに新緑を見ながら涙することも・・・
66年の人生で、胸が息苦しい思いで朝が来るのが長く感じられたことが度々ありました。pocoさんの気持ちに寄り添えられればと願います。

ホント、余計な事の対物車事故にあったりされて、近くにいれば駆けつけたのに・・・もどかしい思いでいっぱい!
でも、大きな事故やpocoさんご自身が起こされた事故でなかったことで、ホッとしました。

pocoさんご一家の平穏をこれからも祈念していますから・・・

心がつぶれるような毎日だった事でしょうけど、こうしてブログを続けられるpocoさん、本当にアッパレ!です。

こういう時は家族がまとまり絆やありがたさを感じ、そして子供たちがとても力になってくれることを再発見したり・・・。

それから、ここを訪れる皆さんの応援も力にしてください。


*義弟のお見舞い行って来ましたよ!

人ごとだと思えない・・

わたしにもいつかそんな日が来るかも・・と読んで胸が苦しくなりました・・。
いずれどちらかが先にいなくなるということはわかっているけど、そんなのぜったいイヤですよね。

夫さんのことが、ほんとうに大好きなんですねー。
わたしがpocoさんだったらきっと、夫さんのこと大好きになったと思います。すてきな方だな〜と思いました。(pocoさんもネ)

ショックを受けて心臓がバクバクしたり、眠れなかったりする、体がおかしい状態は、自分ではどうしようもないと思います。
そこは、だんだんと、少しずつ落ち着いてくる時間が過ぎるのを待つしかない気がします。
ムリに元気になろうってがんばりすぎないようにしてくださいね。

夜、考えごとをするとマイナス方向へ行ってしまうんだそうです。
おふとんに入ったら心配事は棚にあげて、明日の自分によろしくたのみましょう!
むずかしいかもしれないけど・・。(^.^;)

♪みなさまへ

ベージュさん、山さん、もりママさん、カズの妻さん、カッパさん

お気持ちのこもった言葉の数々、励まされます

見つめて下さっている、と思うと力が湧きます

ほんまにありがたいなあ、と感謝しております


5月がいい月になるといいなあ

No title

こんにちは。
ずっと前に一度コメントしたことがある者です。
3年ほど前に結婚した夫が15歳の時からIDDMなので、IDDMのことを知りたくて結婚前からpocoさんのブログを時折拝見させていただいていました。
pocoさんご夫妻のIDDMがありながらも幸せに、愛情いっぱいに暮らされている様子が、病気のことを原因に結婚を不安に思っていた私の心を後押ししてくれた部分もあったと思います。
ここしばらくはいろんなことに取り紛れていたため、今日久しぶりにブログを開いたら旦那様の病気のことを知りました。
とても驚き、pocoさんのお気持ちを思うと胸が苦しくなる思いがします。
お体、お気持ち、いまはだいぶ落ち着かれましたでしょうか。

私の母も昨夏に乳がんを発症しました。
急激に大きくなる珍しいタイプとのことで、見つかって諸々の検査を経て、約2ヵ月後の昨年7月に切除手術をしました。
その後は4ヶ月間の抗がん剤治療、2ヶ月間の放射線治療でした。
抗がん剤の治療では、高熱が続き、口内炎で食べ物も味がわからないなど、副作用でかなり辛かったようですが、今年の3月にはようやくひと通りの治療が終わり、4月頃からは趣味のパークゴルフ(パターゴルフのようなものです)に出かけられるほど元気になりました。
あんなに喉を通らなかった食事も、今は美味しいと言って食べることができます。
髪もすっかり抜けて、本人はやはり女性なのでとても気にしていたのですが、72歳なので白髪ではありますが毛がフサフサと生えてきて、今は「短髪の白髪」といった感じかえっておしゃれな見た目になり、カツラなしで出かけられるようにもなりました。

本人にとってはとても辛いこの1年でしたが、ひと通りの治療を終え、その後の体調回復が目に見えたことで、ようやく家族の中にも明るい日差しが差し込んだような、そんな感じがしているところです。

旦那様も今は本当にお辛いと思いますが、きっと良くなります。
私などがなんとお言葉をおかけしていいのかわからないのですが、そのことをお伝えしたくてコメントしました。

♪ふるたさんへ

コメントありがとうございます
お気持ちのこもった言葉に胸があつくなりました

お母さま、難しいガンを克服されたとのこと

>ようやく家族の中にも明るい日差しが差し込んだような、そんな感じがしているところです。
の一文、私までホッとする思いです

なかなか見通しが立たず、つい暗い気持ちになってしまいがちですが
こうして見ず知らずの方からも応援していただいていると思うと
めげてはいられん!と力が湧きあがる思いがいたします

ふるたさんは1型のだんな様をサポートして、これから先の長い道
どうぞご健勝に過ごされますように




トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/845-b7cf1009

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。