スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつの病

放射線あと1回というところになって
焼けた頭部の状態がひどいことになってしまいました

よほどのことがない限り、夕食後の散歩は欠かさないのに
昨夜も今夜も行きませんでした

よほどのことがない限り、昼間ゴロゴロすることはないのに
ほとんど寝室で横になっています

横になっていてもなかなか寝付くこともできないようです

りくは、最初お父さんがどこかに行ったと思ってたらしくおとなしくしていましたが
2階にいると分かると、普段はほとんど上がらない2階にサッサと上がって行き、寝床でピタッとくっついて離れません
「お父さんは、具合が悪くてねんねしてるから」と何度つれて降りても、すぐまたチャッチャと上がってしまいます

可愛いくていじらしくて・・・

ごそごそしないでじっとしてるからいいよ、と夫も言います
気持ちが紛れるといいけど

夜になって熱が8度を超えました
抗がん剤の副作用ではなく、放射線火傷の炎症から来るものだと思うのですが
こうなると、血糖値も下がらないし
二つの病気を持つ困難さがのしかかって来ます

明日は日曜で病院はお休み
月曜日までそっと見守るしかありません

夜は、お父さん一人でゆっくり寝かせてあげようね
応援
ボクひとりでねんねするよ、とうちゃんガンバレ!
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント


こんにちは。ご無沙汰しております。

私も癌患者ですが、放射線治療は経験はないもので・・・
それにしても、お父さん、お辛そうですね。
pocoさんも、さぞかしご心配でしょう。お察しします。

りくくんも、「お父さん、どうしたんだろう???」と、
心配で心配でたまらない様子ですね。つい涙ぐんでしまいました。

お父さん、痛くて眠れないのはお辛いですね。
眠れなくても横になっていれば・・・などと思って横になっても、やっぱり痛くて眠れない・・・となるのは本当にしんどいものですものね・・・。

火傷ならアロエを塗りたいくらいですが、そうもいかないし・・・
う~ん、やはり、日にち薬しかないもんでしょうかねぇ・・・

シックデイによるBGの乱れは、仕方ありません。
ふだんよくコントロールされているDMさんほど、高血糖にショックを受けがちですが、原因が分かっているのだから、高い分だけジャンジャン射ちなさいと、インフルエンザに罹患した際、my主治医に言われました。

お父さん、食欲の方はおありでしょうか?
昨日よりも今日の方が、楽に過ごすことができるように、祈っています。
お大事になさってくださいね、もちろん、pocoさんも・・・です。




微力ですが…

りくくんのまなざしがいじらしくてせつないです。犬にはわかるんですね。人間の痛みとか気持ちとか。…と、私は信じているのですが…。微力ですが私もパワーを送ります(^-^)
元気玉~◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯どうか痛みが和らぎますように☆どうか傷が良くなりますように☆どうか今夜はゆっくり眠れますように☆

いまは1つに集中で

ずっと以前、まだイチガタ歴の浅いころ、シックデイの対策を主治医に相談したところ、
なにか別の病気にかかって血糖値の上がる薬が必要になったとしたらすぐに使ってください。必要なものは使うべき。血糖値は一時期上がったとしても問題にはなりません。
ってことでした。

なので、1型のほうは少しサボってもいいんじゃないでしょうか〜。
高血糖続きでも、インスリンさえ射っていたら大丈夫。v-74
いつもいい値ならなおさら問題ないと思います!

つらいのに、そっちまで気を使っていたらもちませんよね。
合併症になってもいまは治るそうですよ〜。
1型のほうは、だいじょうぶだいじょうぶ!
無自覚低血糖のほうが心配です・・・。

早くピークを越えますように・・v-22

♪かほさんへ

かほさんのようにガンを経験して、今お元気に過ごしておられる方を見ることが何よりの励みです
コメントありがとうございます

> やはり、日にち薬しかないもんでしょうかねぇ・・・

今は時間が過ぎることが一番の回復材料かなと思います
仕方ないですね

ただ痛くても、眠れなくても食事だけはちゃんと取ってくれるので助かります
これで食欲がなくなったら、心配で居ても立ってもいられないでしょうから

> 原因が分かっているのだから、高い分だけジャンジャン射ちなさいと、インフルエンザに罹患した際、my主治医に言われました。

ジャンジャン打ってます(笑)
ただ気持ち的気に、DMの方がおろそかになっていることは確かで
高そうでも測らなかったり、トレシーバを打たずに寝そうになったり

ますます目を光らせてないといけないなと思っています

♪花楓☆さんへ

>犬にはわかるんですね。人間の痛みとか気持ちとか。

きっとお父さんの具合が良くないというのは分かっていると思います
今日はうちに来て以来、初めてお腹が緩くなりました。多分心配して(笑)
夫のこと以上に気になっているのですが、お菓子の袋をカサカサ言わせたら飛んできたので
大丈夫だろうと(笑)

たっくさんの元気玉、頂戴しましたよ
笑って元気が出ましたv-218ありがとう!

♪カッパさんへ

> なにか別の病気にかかって血糖値の上がる薬が必要になったとしたらすぐに使ってください。必要なものは使うべき。血糖値は一時期上がったとしても問題にはなりません。ってことでした

なるほど!
やけどの炎症が治まれば、ほどなくこのシックデイからも解放されるはずですね

こういうちゃんとわかったDr.の言葉ってなんて心強いんでしょう
安心感って、病状を良くする働きがありますよね

>1型のほうは少しサボってもいいんじゃないでしょうか〜

こういう言葉もうれしいんだわ~
そうだよな~~ちょっとくらいいいよねってホッとする

> 早くピークを越えますように・・v-22

一日一日、よくなって行くはず・・・多分

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/869-e6eb3374

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。