スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にもわからない

物事はなかなか順調には進まぬもので・・・

放射線による副作用ともいうべき火傷がようやくマシになって
あともう少しで全部の皮膚が落ち着きそうというところになって
今度はCVポートを埋め込んだところが炎症を起こしました

埋め込み手術から2週間
当初は順調でボンドでくっつけた傷もほぼふさがり、すでに2回抗がん剤点滴にも使っているのに
先日、左手上腕部全体が赤くなり切開部分が腫れだしたのです
赤くなりだして4日目の昨日は、全体の赤みは薄くなったけれど、切開部分の周辺は熱を持って紫色になりました

ちょうど放射線科の診察日だったので、先生に診せると
「おーこれはいけませんね
何かばい菌が入ったか、抗がん剤がもれたか
でも、昨日よりマシになってるなら、しばらく様子見かなあ
念のため皮膚科でも診てもらって下さい」ということでした

総合病院ですからその辺りの連携は良く、皮膚科の予約を取ってもらえましたが、1時間30分後です

カフェでお茶を飲んで時間をつぶします

皮膚科(主治医)の先生も
CVポート手術後は順調だったのに、と驚いて
やはり「抗がん剤がもれたか、何か細菌感染したか
ポート埋め込みは外科なので、一応外科の先生の所見も聞いてみましょう」
と、今度は外科の予約がまた1時間半後・・・・あ~あ

お気に入りのお店でのランチは無理のようです

外科(手術をした先生ではない)でも
「う~~~ん、何でかなあ」と考え込まれました
CVポートとカテーテルの継ぎ目がうまくはまってないということはありませんか、という夫の質問には
そんなものではないので大丈夫、との返事
そうでしょう、そんなに簡単に外れたりするもんじゃ困る
夫は埋め込み手術のやり直しって言われるんじゃないかと、心配していましたが
結局ここでも、様子見かなぁということで皮膚科に戻ります

さすがに今度の皮膚科はさほど待たされることなく診てもらえました
腫れだしたのは、抗がん剤点滴の翌日からということで
抗がん剤がもれ疑惑については
化学療法室の看護師さんは「もれることは絶対にない!」と断言されたとか
そうならないためのCVポートであり
化学療法室の看護師さんの手技の丁寧さ確かさに全幅の信頼を置く夫も
「それはないと思う」と言います
CVポートと点滴針をドッキングさせる時も
何度もアルコール綿で消毒して細心の注意を払ってやっておられましたから
その時ばい菌が入ったというのも考えにくい
一体何故なんでしょう
結局炎症を押さえるため、ステロイド注射を患部にして
ここでも様子を見ましょうということで終わりました

5時間かけて3つの科を行き来して、結局誰にも何もわからない
そんなものなのかなあ

腫れはありますが、痛みもひどくなく発熱もありません
食欲、飲酒欲も変わらないのが何よりです
それでも、小さなとげが入った時のようにいつも気になります

どうぞ、これ以上ひどくなりませんように





スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

お疲れさまでした!!

同じ病院内でいろんな科をわたりあるくとき、もうちょっと融通きかないのか、うまく調整できないのか、と思いますー。
ほんっと長時間おつかれさまでした!!
しかも結果、なにもわからないとゆー。
もーグッタリですね。v-12

「そんなハズない」って言葉は信じられません。
ちゃんと「もしかしたら」「万が一」も考えて調べてくれたのかな?
同じように腫れてしまった例はないんでしょうか?

快方にむかいますように!!v-22v-22v-22

♪カッパさんへ

> 同じ病院内でいろんな科をわたりあるくとき、もうちょっと融通きかないのか、うまく調整できないのか、と思いますー。

いやマッタク、ほんとにねえ
病院の数、医師の数に比して患者数は高齢化に伴いますます増えて行くでしょうし
・・・・厚生労働省のお役人でなくとも心配になります

お医者さんに診てもらえばはっきりすると思いがちだけど
医者もわからないんだ、ということが良く分かりました(-"-)

> 「そんなハズない」って言葉は信じられません。
> ちゃんと「もしかしたら」「万が一」も考えて調べてくれたのかな?
> 同じように腫れてしまった例はないんでしょうか?

だよね~!
もし自分の体だったらそんなので済ます?って思います

> 快方にむかいますように!!v-22v-22v-22
ありがとーー!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/887-30c9895c

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。