気にしない

CVポート埋め込み部分の炎症理由は結局誰にもわからぬまま、少しずつ治まってきました

まだ少し腫れが残っているけれど、一昨日の抗がん剤点滴にも使用
今のところ異常はありません
ホッ

体に起きる変化には、何か理由をつけたくなるけれど
はっきりしないこともいっぱいあるんですね

血糖値などその最たるもので
理由のわからぬ高血糖に“なんでやねん!”と何度つっ込んだことか
どなたかの先生がおっしゃった
「理由がわからないときは・・・・気にしないことです」
名言ですな

さて4月のガン告知以来、すっかり影が薄くなっていますが
夫、1型糖尿病継続中です

抗がん剤を打つと、見事にインスリンの効きが悪くなり
1型+がん治療の難しさを思い知らされます

基本週に一回の点滴ですが
打った当日はいくら追加打ちをしても300を下がることがありません
300で4単位追加打ちしても次に測ると上がっているという状態です
基礎を変えたり増やしたり、いろいろ試行錯誤もしましたが焼け石に水

しかし、2日目、3日目とマシになって4日目以降は落ち着くと言うパターンもつかめてきたので
インスリンの増やし方も大体定着してきました
HbA1cは7前後なのでDMの主治医も「これくらいなら何の問題もありません」と言われたとか

この高血糖は
「理由がわかっているので・・・気にしないことにします」


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

それが一番!ですよ~♪♪♪


こんにちは♪

今日は、台風11号のおかげ(?)で、涼しく過ごせています。
pocoさん家方面はいかがですか?

前回の記事を読んで思ったのですが、1型さんでこういった治療を受けられているのは、おそらくご主人が初めてとか、でしょうか?

私も、この病気で術後10年以上生存の患者はそうそういないので、
抜歯するにしろ、急性胃炎にしろ、その病院で一番偉い先生が診察してくださいますよ・・・
膵全摘の人にも遭遇したことがないからでしょうね~
いいんだか、悪いんだか、結局、一緒だと思うんですけど・・・
まっ、ありがたいことで、身に余る光栄です・・・(苦笑)

なので、「わからない」と素直におっしゃてくださる先生は、
真摯な態度で今後も注視します、ってことだと思います
「わからない」と言われたことよりも、これからのことが大事だと思いました
真摯な態度で向き合って下さるなら、それが一番良いですよね~

抗がん剤が体内で頑張って働いてくれているから、少々の高血糖には目をつぶりましょう~
私たちにはインスリンがあります、そして、pocoさんがついていますっ!!!
射って射って、射ちまくりましょう~

立秋も過ぎました
これから、涼しくなる一方だとうれしいですね

お盆休みには、新婚の息子さん夫婦も帰省されるのかな?
pocoさんのお姑さんデビューも、応援してますね、がんばれ~♪♪♪

No title

台風お見舞い申し上げます。血糖値が高止まりしていても、そんなには心配することはない、とは、たしかに実感です。お大切に!

♪かほさんへ

台風、ゆっくりしていますねえ
気温は一昨日18度を記録してびっくり、さすが神戸のチベットです
今は怖いほどの風と雨、サッサと過ぎてくれたらいいのにv-390

>1型さんでこういった治療を受けられているのは、おそらくご主人が初めてとか、でしょうか?
他のガンの人はいるかもしれないけど、血管肉腫との組み合わせは今の病院では初めてかも。

> 私も、この病気で術後10年以上生存の患者はそうそういないので、
> 抜歯するにしろ、急性胃炎にしろ、その病院で一番偉い先生が診察してくださいますよ・・・

VIP待遇ですね!v-391
夫の主治医は若い女性研修医ですよ、とてもレアケースなのに(-"-)

この注射を打ったら、この薬を飲めば、この処置をすれば・・・良くなるかもしれない
結局お医者さんにもわからないんだろうなあ、って思います
でも絶対治してやる!生かしてやる!という>真摯な態度で向き合って下さる、先生であってくれればいい!

> 射って射って、射ちまくりましょう~
ハハハ、癌マンですねv-218

> pocoさんのお姑さんデビューも、応援してますね、がんばれ~♪♪♪
ありがとー!
お嫁さんに「お母さん」って呼ばれて、くすぐったくてうれしい新米姑です

♪やまさんへ

こちら先ほど兵庫県南部に再上陸したとかで、只今暴風雨まっただ中です。
やまさんお住まいのあたりは大丈夫ですか?お気をつけて

>血糖値が高止まりしていても、そんなには心配することはない、とは、たしかに実感です。
高血糖の理由がわかっているのと、パターンが決まってきたので今後は対応がしやすくなるかと思います

お見舞いありがとうございますv-435

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/888-1cc5fbda

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2