セーフ!

一昨日
転移を調べるため、夫がPET-CTを受けました

CTなどの画像検査では、通常、頭部、胸部、腹部などと部位を絞って検査を行うのに対して、PET検査では、全身を一度に調べることが出来るのです

検査結果が出るのはもっと先思っていたのに
2日後の今日にはもうわかる、と言われました
エーーーッ、心の・心の準備が・・・・

何があっても覚悟はしておかなくっちゃ、とは思うものの
もう少しこの平和な時を過ごさせてはもらえないものかと、神にも仏にも祈りました

魔よけのパワーストーンなどつけて病院まで送っていきましたが、私は用事があるので一度帰宅
ソワソワ待っていると夫よりメールです

「異常なし」・・・・でした
よかった

今後が保障されたわけではないけれど
取り敢えず、4日後の息子の結婚式には
清々しい気持ちで臨めそうです

父ちゃんよかったね
父ちゃん、よかったね

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

良かったー!

転移がなくてほんっと良かったですねv-237

晴れやかな気持ちで息子さんの結婚式に出席できますね
でも放射線治療で体力が落ちているかと思いますので
緊張すると思いますが、無理せずに晴れの日を迎えて下さいe-454

結婚式楽しみですねe-467

うんうん・・・

良かった~

これで晴れの日を心置きなく迎えられますね!
何か私までウキウキして来ましたv-290

披露宴では親は出席の皆さんへのご挨拶でお酒飲むのが多くなりますから時々pocoさんが注意を払って、と。

おめでとうございます(^-^)

よかったーーーっ\(^o^)/
ちらりと見えるpoco夫さんの笑顔が素敵です(^-^)
いよいよ結婚式ですね~♡
楽しみですね♫
りっくん♡よかったね♪

良かった良かった♪

ほんと良かった!

りくくんのお顔も「どや!」と嬉しそう♪

良かった〜♪♪

いい結果でよかったですね!!
結婚式、もう!?って思ってしまいました。
日が立つのが早いなー。。

新郎新婦も最高に幸せなよい日を迎えられますね。
式では笑ったり泣いたり、幸せをたっぷりチャージしてくださいねー(^∇^)

♪ちりかさんへ

ホッとしました

手強いガンと聞いているのでなかなか安心しきれませんが
そんなことは忘れて結婚式は、喜びに浸ろうと思っています

夫もとても楽しみにしているようです
抗がん剤で免疫力が落ちていると思うので、手洗いうがい励行です!(笑)

♪カズの妻さんへ

捨てる神あれば拾う神あり
拾ってくれた神様に感謝しなくちゃいけませんねv-410

> 披露宴では親は出席の皆さんへのご挨拶でお酒飲むのが多くなりますから時々pocoさんが注意を払って、と。
フフフ、りょうか~いv-218

♪花楓☆さんへ

ありがとうございます!
夫もホッとしたようです

りくは友達のおうちでお留守番なんですよ
何カ月も前からおやつを用意したりして楽しみに待ってくれているので
きっとメチャクチャいい待遇だと思うのですが
りくはお父さんのおひざが一番好きなので、淋しがらないかなあって心配している
過保護親です


♪SP♪さんへ

> ほんと良かった!
ありがとうございます

飼い主の心理状態が伝わるんでしょうね、きっと
心なしか、りくものびのびしているような・・・・(笑)

♪カッパさんへ

つらい時に、この日のことを考えて
うちにもいいことがあるんだと気持ちを奮い立たせてきました

> 式では笑ったり泣いたり、幸せをたっぷりチャージしてくださいねー(^∇^)
幸せのチャージ・・・素敵な言葉ですねv-343

メーターいっぱいにしてきますねv-218

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/906-c17b159f

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2