スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Autumn in Kobe

秋の神戸
写真 2014-11-22 19 29 08

ルミナリエ準備中
写真 2014-11-22 19 31 58
20回目の今年は 12月4日(木)~15日(月)です

阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂のために始まったこのイベント
震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事になりました
いつまでも続けて欲しいと思うけれど、年々企業からの寄付が減り毎年開催が危ぶまれています
今年も行って、100円募金しなくっちゃ!
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

異国情緒…

ヨーロッパの街並みのように見えます。
もう20年ですか…。
早い。
ついこの間のことのようなのに。
街は復興し、活気を取り戻しても、失ったものの多さと心の奥底の傷痕
の傷痕とやりきれない想い
を抱いて、それでも私たちは前を向いて歩いていくのですよね…。当時、遠く離れた地に住む私でさえ、夜、眠れなくなりました。ルミナリエの灯りが美しいのは人々の心が灯っているからですね。消えない傷と人々の心と、数えきれない多くの、その一人一人の魂が、この美しく暖か
い灯りに癒されますように。どうか
安らかに。

♪花楓☆さんへ

> ヨーロッパの街並みのように見えます。
iphoneカメラのなんちゃらモードで撮ったらこんな感じになりました(^O^)/

> もう20年ですか…。
> 早い。
東北大震災からも、もう3年ですものね

> 消えない傷と人々の心と、数えきれない多くの、その一人一人の魂が、この美しく暖かい灯りに癒されますように。どうか安らかに。

温かい祈りをありがとうございます
20年前、まだ復興ままならぬ神戸の街に点った美しい光に、希望を見出した人は多かったと思います

今年も行って、阪神大震災だけでなく東北大震災の犠牲者の御霊にも祈りをささげてこようと思います
今日を生かされていることに感謝しながら・・・・

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/907-7d44a2cd

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。