スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチガタ継続中

夫のガン判明以来
1型糖尿病の影が薄くなっていますが
1日たりとも休まず(休めず)継続中です

ガン治療は総合病院で、糖尿病は今までどおり近所の個人病院でと別々に治療を受けていましたが
昨年12月より総合病院の方でまとめて受診することにしました

抗がん剤点滴の前には必ず血液検査をするわけで
その検査項目の中にHbA1cも入っているし、これって1型の方にも使えないのかなあ、病院ひとつにしたらいいんじゃない?って思ったのが昨年11月(気づくの遅い!)

血液検査結果を両方の科で使えれば採血を一回減らせます

6年間お世話になっているN先生とお別れすることになるのは残念ですが、この際しかたありません

早速糖尿内科受診
皮膚科でのガン治療のカルテを、糖尿病内科の先生に目を通してもらうことができて便利!
「抗がん剤を打った後は血糖値上がるでしょう?どれくらい増やしていますか?」と的を得た質問も心強く感じます
医療機関の変更で、測定器はグルテストNeoスーパーからメディセーフフィットに変更になりました
心配していたチップの枚数は「月5箱150枚あればいいでしょう」とあっさり言われて
えっそんなに!っとびっくり

今後は2カ月に1回の受診でよく
高血糖対策を検討するために、血糖値を記入して持ってきて下さい、と測定ノートを渡されました
今どきこんな大きな病院なら、SDカードなどからパソコンで読みとるのかと思ってたのに
「そんなハイテクなこと、うちの病院ではまだできません」と笑いながら言われてちょっとびっくりでしたけれど。

血糖測定ノートは発病後の一時期使っただけだったので
夫は久し振りに血糖測定ノート記入することになりました

父ちゃん、ちゃんと書いてる?
自己管理ノート
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

受診おつです☆

えぇ〜!ノートつけてなかったんですね。みなさんつけてるものかと思ってました。
いつも通りにやっているのに、なんだか高い期間や低い期間があるんです。1-2週間くらいかな?主治医も「みなさん波があるっておっしゃいます」と言ってました。ノートつけたら注目してみてください♪

受診をまとめてラクになりましたか〜?
N先生に出会ったタイミングは、夫さんにとって必要な出会いだったのではないかと思います。その役目が終わったということかも。。でもまたお世話になるかもしれないですね。
人生のその時どきの必要とするタイミングに、ちゃんと出会いがあるんだなぁとかよく思います。。
こんどの先生もよさそうなカンジですね♪

抗がん剤では発熱とかするんですか?血糖値はどのくらい上がるの?
理由のわかってる高血糖には、あまり神経質にならずにね!
夫さんの場合、低くしすぎないか心配です・・。

♪カッパさんへ

血糖値の記録はパソコンには入ってるんですけどね、17年分(@^^)/~~~
血糖値ノートは最初の数年使っただけv-8
自己管理ということで、どの先生もあまり見られなかったのでノートにつけなくなったみたい(笑)

> 人生のその時どきの必要とするタイミングに、ちゃんと出会いがあるんだなぁとかよく思います。。
だれとどういうタイミングで出会えるか、人生変わりますよね
今度の先生とどんな関係が築けるかな?

> 抗がん剤では発熱とかするんですか?血糖値はどのくらい上がるの?
発熱はしないんだけど、翌日はお酒を飲んだみたいに顔が赤くなるんです
そしてインスリは水か、って思うくらい効きが悪くなります
打っても打っても300は普通(;_:) 
基礎も増やすし、追加打ちもするけどあまり下がらない
でも2日目3日目とましになって大体3日で治まると言うパターン

> 夫さんの場合、低くしすぎないか心配です・・。
この際の高血糖は仕方ないから、打ち過ぎにだけは気をつけよう、と合言葉のように言ってます
先生にもHbA1cもっと高くていい(7~8)って言われました

二つの病気の兼ね合い大変ですv-388

自己管理

今朝は、もう20年経ったのだとあの朝のことを夫婦で話したことでした。
たまたま、ドイツに発つ為の主人がコーヒーを飲みながらテレビをつけた直後の第一報でした。
あれから20年、さすが神戸と感心する一方、被災された友人や多くの方々の歳月を思うと胸が熱くなって〜
思わずpocoさんのblogを読み込む私!

あれからもことは起こり、pocoさんの20年も決して平穏無事な生活ではなかったけど、今もしっかり神戸の街で地に足をつけて活き活きと生きてあること、すごく嬉しいです(^-^)

私も飽きずに自己管理をして、もうすぐ7冊目の自己管理ノートに名前を書きました。これからもよろしくお願いいたします(^_−)−☆

♪largoさんへ

毎年慰霊の灯を点す東遊園地の映像に涙しています
地震の時、もし1型を発症していたらどうだっただろうと思います
インスリンを持たずに避難を余儀なくされた方もいるはず
あの時は、こんな病気があることすら知りませんでしたものね。

夫が大きな病気をふたつも抱えることになって知ったことがたくさんあります
病を持つ人に対する思いやりは、単に同情とかではなく培われのではないかな

> 私も飽きずに自己管理をして、もうすぐ7冊目の自己管理ノートに名前を書きました
あれっ!largoさんはてっきりパソコンで管理だと思っていました
ウフフ、自己管理飽きる訳には行きませんものね
こちらこそよろしく!です

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/915-a818b1f9

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。