スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CVポート除去手術

CVポートの除去手術は思ったより大変だった

スルスルと取り出せるものと思っていたら
ポート部分が癒着してなかなかうまくいかず
切開部分を広げたり、先生が力任せに引っ張ったりしてようやく外れたという
途中痛くて何度も麻酔を追加してもらったそうだ

話を聞いているだけで顔が歪んでくる

設置手術の倍の1時間ほどかかって
とても疲れたらしい

案の定
午後から8度の熱が出た
これは除去手術の影響で、先の感染症の方の炎症反応は治まっているから大丈夫と先生はおっしゃるが
引き続きの発熱で体力の消耗が心配
何となく不安だ

頓服で夕方には平熱に落ち着く
幸い食欲があるのが安心材料
夕食も完食

抗生物質の点滴は昨日で終わり今日からは飲み薬に代わる
退院を考えての処置のようだ

明日には頓服の助けを借りなくても熱が上がらなければいいのだけれど




スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

痛っ!!

お気の毒にー、痛かったことでしょう。

私の希望は医療関係者は知識、技術以外に手先の器用さを第一の条件にしてほしい!ものです。

POCO夫さんはシックデイは大丈夫だったですか?

それにしてもリク君とPOCO夫さん、恋人同士のようですね~、 聖母マリアのような(笑)pocoさんにも当然、あのまなざし&ハグしてくれるんでしょうね!!

♪カズの妻さんへ

> 私の希望は医療関係者は知識、技術以外に手先の器用さを第一の条件にしてほしい!ものです。
いやマッタクその通りです!
医師の技量の違いでひどい目に会うのは患者ですから
美容院みたいに指名はできないものかと(笑)

それと、自分の手に負えない時は出来るだけ速やかに専門の科にゆだねて欲しい!

> POCO夫さんはシックデイは大丈夫だったですか?
不思議と熱の影響があまりなく助かりました
でも何でかな??

> それにしてもリク君とPOCO夫さん、恋人同士のようですね~、 聖母マリアのような(笑)pocoさんにも当然、あのまなざし&ハグしてくれるんでしょうね!!

まさか(@_@。

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/927-1196ed70

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。