親バカ

春の健康診断に行きました

りくのね

ワンコでも早期発見、早期治療が大切ですから
人間並みに血液検査をし、結果は後日院長のコメント付きで送られてきます

ついでに狂犬病の予防注射をしました。
ワンとも言わずおとなしかったりくは、先生から「えらいねえ、強いねえ」って褒めてもらいました。
すごいね!りく

ハイ、親バカです

で、その時病院の壁に貼られたポスターに目が行きました
ポスター
りくか?と思うほど似てる

りく
・・・・でもりくの方が可愛い・・・と家族の意見が一致しました

ハイ、親バカバカです
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/938-2cd562b6

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2