早く芽を出せ!

少し前の話だが、ブログを読んでくださっている方から
ホーリーバジルがいいですよ、って情報をいただいた
夫のガン闘病の様子を読んで気にかけていただいたようだ

数百の薬効を持ち、副作用の心配もいらないという優れものなんだとか

ホーリーバジルを使った既成の商品も販売されているのだけれど
とりあえず種から育ててみようかと思い取り寄せてみた

気温が15度以上になればよいというので、キッチンペーパーに水を浸してパラパラと撒く
今のところ、何かの虫のようにしか見えない
一週間くらいで芽が出るらしいのだけれど~
今日で3日目…気配がない

芽が出たら直植えにするからね
早く芽を出せ!ホーリーちゃん

ホーリーバジル3日目
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

こんばんは

ホーリーバジル、私も気になってたんです。
芽が出るのが楽しみですね!

ところで、ハーブ全般にいえることですが、
人間が好きな葉っぱは虫さんも大好きなので、
特にヨトウムシは大好物ですから、
お外で育てる場合はよく見張っててくださいませ。

うちはスイートバジル、ミント、しそ、全部ヨトウムシに食べられました。
他にもバラの葉、なんとシャコバサボテンも食べます。

この植物は室内でも育てられるのでしょうかね?

♪mikomonaさんへ

ホーリーバジル
意外に知っておられる方や興味を持っておられる方がいてびっくりしています

> お外で育てる場合はよく見張っててくださいませ。
そうですよねえ

すべての葉っぱにかまれ跡があってまともなのがいちまいもなくなるので
一枚にまとめてよ!とよく怒るんですけど、言うことを聴いてくれません

室内で育てるより、お日様がたっぷり浴びた方が栄養価が高いような気がしますね(笑)
直植えにすると逃げられないので
プランターにして避難できるようにしておこうかなあ

虫さんはすきを狙ってくるから気を付けないと

育つのを見るのは楽しいけれど収穫までは長い道のりなので
さっさと市販品を買ってみようかという気になってきています(;'∀')





> うちはスイートバジル、ミント、しそ、全部ヨトウムシに食べられました。
> 他にもバラの葉、なんとシャコバサボテンも食べます。
>
> この植物は室内でも育てられるのでしょうかね?

ちっさーい♪

へぇぇ〜!
はじめて聞きました。

以前、梅干しの種の中にある白いヤツが、すごく体にイイんだと聞いたことがあります。
それだけでなく、そのまま土に入れておくと芽を出すモノは、エネルギーがつまっているから体にイイんだそうですよ!
豆類とか、しょうがとか・・・いろいろありますよね♪

というコトは、このホーリーバジルもとっても良さそうですね。
いつ頃、どーやって食べるんですか?
こんなに小さいと、丸のみ?(^∀^)

♪カッパさんへ

> へぇぇ〜!
> はじめて聞きました。

ホーリーバジルは、ハーブの中でも最強なんですって!

葉っぱを食べるんですが
葉っぱが出て大きくなるのを待ってたらいつになるかわからないし
なんだかよさそうだし
既製品取り寄せてみようかなと思っています

そしたらまたアップしますね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/944-498bf5d4

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2