あ~~あ、な夏

涼しいといわれるここ神戸のチベットでも日中は33~4度を記録
禁断の、朝からエアコンもいたし方なしの毎日です

8月に入っても、母はいまだ入院中
入院日数は40日を超えました

骨折の方はもう問題ないとのことなので
今週末くらいには退院できるかと思っていたところ
先日、高齢者によくある嘔吐による誤嚥性肺炎を起こしてしまったのです

内視鏡で入れたプラスチックのステントは、3か月ほどで詰まってしまうので
胆管の腫れが落ち着いたから、半永久的に使える金属製のものに取り換えたほうがいいということで
2度目の内視鏡手術をした日の夜のことでした
手術自体は20分ほどで済んだのですが
たび重なる処置が負担になったのかもしれません

肺の状態を調べるために、何度も採血されます
血が取れるのだろうかと思うほどの細い脚や腕に針が刺されると、痛い、と声をあげ顔をしかめました
腕に何ケ所も青い内出血のあざができています

病院が近いので、日に2~3度様子を見に行きますが
いつ行っても目を閉じたまま
でも声をかけたら、うなずくので寝ているわけでもなさそうです

大きな声で「お祖母ちゃん!」って声をかけたら
同室の人が返事をしてくれることがあり
そうだ、この部屋の人はみんなだれかのおバアちゃんなんだなあと、和みます

今日は、一緒に行った娘が
「おばあちゃんまた来るね、バイバイ」って言ったら
それまで何も言わなかったのに「バイバイ」ってはっきり返事したので笑ってしまいました

長い入院生活
度重なる手術
身体と頭へのダメージはどれほどになるでしょうか

なるようにしかならない、とは思うものの暑さの中、ソワソワとした時が過ぎていきます

肺の状態が落ち着くまで絶食なので、好物のたねやの水羊羹やスイカ
いつになったら食べさせてやれるかなあ



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

暑いですね〜〜

朝からエアコンは「禁断」なんですか〜?
そういう考えがあるから、母たち(実家もウチも)はエアコンあまり使わないんですかね。
「暑い時はちゃんと使いなよ〜」と言っても「大丈夫」と言って聞きません..。そんなにガマンすることないのに。

お母様、トントン拍子とはいかないけれど、少しずつ快方に向かわれているようですね。痛いのとかなるべくないといいなぁ。
肺炎も、自宅でなくてよかったですよね。病院なら安心です。
「おばあちゃんまた来るね、バイバイ」というお孫さんの言葉、また来てくれるのを本当に楽しみに待つんだろうなぁ..と想像してしまいました。
孫だけでなく、うちの母が前にわたしの事を「いつも心配してるよ」と言っていたので、pocoさんのお母様もきっと、pocoさんのことをいつも心配しているんだと思いますよ。

♪カッパさんへ

> 朝からエアコンは「禁断」なんですか〜?
うふふ、なぜでしょうね
30℃超さないと点けちゃいけないみたいなところがあって
夫は温度計とにらめっこしてます(笑)

りくを独りで留守番させるときは当たり前みたいに点けて出るんですけどね

> 「暑い時はちゃんと使いなよ〜」と言っても「大丈夫」と言って聞きません..。そんなにガマンすることないのに。

昔はエアコンもなかったし、夏は暑くて当たり前、みたいなところもあるのかも
でも昔はここまで暑くなかったから、我慢しすぎないように意識を変えないとね、熱中症も心配だし

> お母様、トントン拍子とはいかないけれど、少しずつ快方に向かわれているようですね。痛いのとかなるべくないといいなぁ。
いつ行っても静かに目をとじてるんです
回復してるのかどうかは、よくわからないんですけどね
痛みや苦しさがないのが救いです

> 孫だけでなく、うちの母が前にわたしの事を「いつも心配してるよ」と言っていたので、pocoさんのお母様もきっと、pocoさんのことをいつも心配しているんだと思いますよ。
そうですね、もうろうとした頭でも、迷惑かけたくないという気持ちはいつまでも残っているようです

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/964-c7539ebe

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2