穏やかな時間

母が退院しました

ナースステーションの看護師さん達がみんなで見送ってくださいました。
75日間の入院生活ともなると
スタッフのみなさんとも顔見知りになり(母ではなく私が)お別れがちょっと寂しい
暖かい介護をありがとうございました

ただ、骨折も肺炎も癒えたけれど
足は萎え、車いす生活になってしまいました

一人で寝返りも打てません
食べることから寝ることまで、何から何まで介助が必要です

退院後を心配していたのですが
元のグループホームが 「帰ってきてください」と快く受け入れてくれました
介護用ベッドと車椅子を用意して、スタッフのみなさんが「お帰りなさい」と迎えてくれました

ありがたくて涙が出ます

昨日は刻み食だとあまり食べなかったからと
今日はミキサー食にして下さっていました
様子を見て、徐々に戻していくとか
いろいろきめ細かく対応してくださり安心です

病衣で過ごしベッドで食事を摂る病院と違い
朝には服に着替え、テーブルで食事する日常が戻り、ホッとする思いです

母からしゃべることはないのですがコミュニケーションは取れます
声は小さいのですが、時に思いがけないほどの応答をして驚かされることもあります

先日も「お祖母ちゃん、何もつけてないのに肌きれいやね、私よりしわが少ないわ」と言ったら
「そう?ほな誰かお嫁にもらってくれるかなあ」などと言ったりするので笑ってしまいました

娘が、仕事でどこそこへ行くんよ、という話をした時は
「仕事楽しいからか、お嫁に行くの忘れてるね」
と一本取られていました
「○ちゃんの花嫁姿が見たいわ」と言われた娘が
「それならお祖母ちゃん、もうちょっと元気で長生きしてもらわなあかんわ」と言うと
「そうかあ、100歳まで待っとくわ」
「え~~!そんなに待たなあかんの」と私
ごく普通に、茶の間で交わすような会話がほっこり幸せな気持ちにしてくれました

まあ、いつもいつもこんな調子というわけには行きませんが
たまにでも、こんな時間があるととてもうれしい

気候も良くなってきたし
車椅子で近所の散歩もできそう

夫の病状も落ち着いているし
しばらくぶりに訪れた、穏やかな時間

でき得れば一刻も長く続きますように

いつだって
ボクはいつだって心穏やか









スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

退院おめでとうございます

退院おめでとうございます。
pocoさん、お疲れさまです。
看護師さんもグループホームのスタッフさんも良い方々ですね。
お仕事とはいえ、きめ細かくお世話して下さる様子に、プロ意識が高いのだろうな〜と思いました。お仕事だからこその対応なのでしょうか。
私の友人も医療関係の仕事で、すごく一生懸命で素敵だな〜と思います。けれど、田舎だからなのか、一部の心ないスタッフから個人情報だだ漏れ過ぎて、ビックリとガッカリの連続です。
編みもの…再開出来ると良いですね‼︎
もし自分だったら…頼られたらきっと嬉し
い(^-^)←単純なので。

プロの仕事ですね

病院もグループホームもすばらしいですね!
そうやったらそんないいところを見つけられるの?
日頃の行いがいいせいですね。

ニュースを見てると将来が不安になるけど、そういうところもちゃんとあるんですね。ありがたいですね。。
もともと介護の仕事を選ばれた方たちは、人を助けたいという気持ちがあるはず。
なのにいろんな事件があるのは、それほど仕事内容が身体的にも精神的にも過酷なんだろうなぁ..と思います。
志しても、収入を得られるまでに研修期間が長くて金銭的にも大変、内部でいじめがあってくじけるとか資格を取った知り合いに聞きました。
それなのに、きめこまやかなお世話ができる人って、ほんとうに頭が下がりますね。

夫さんも落ち着いてらっしゃるとのことで、ホッとしました。
ウォーキングも再開されているんですか?
秋はお散歩もたのしい季節ですよね☆
  

♪花楓☆さんへ

ありがとうございます

母の世話を一人でやらないといけなかったら、きっとストレスで参ってしまうと思います
施設でお世話になるからこそ、いつも笑顔で会いに行ける、と感謝しています
ただスタッフの中には、ん?と思うような人もいますけどね(笑)
せっせと通うことで、カバーしなくちゃ

編み物できるかな?って聞いたら
さあ、どうやろねえ、って言ってました
毛糸買ってきて、うながしてみようと思います
できるとうれしいなあ




♪カッパさんへ

施設も病院も近くを選んだのが正解でした
せっせと顔出しできますから、自然とスタッフさんとも親しくなるので
常に感謝の気持ちは伝えられるし
それとなく、チェックもできますしv-391

施設での高齢者虐待のニュース、現場には現場の言い分もあるのでしょうが
訴えることのできない弱い者いじめでストレスを発散させているとしか思えません

シフト制で夜勤もあるし、きたないこともしなければいけない大変な仕事の割に
金銭面でそんなに優遇されていないのも一因かもしれませんが
個人の資質とともに施設のトップの姿勢も問題あるんじゃないかなあと思います

まあ一言では片付けられないいろんな問題点があるのでしょうが
我々団塊世代にはどんな老後が待っているのか、さほど遠くないだけに心配です

夫のウォーキングは、放射線のやけどがひどかった数か月以外はずっとやっています
歯磨きみたいなものでしないと落ち着かないみたい
でも、昔に比べれば距離は少し短くなりましたけどね

今はどんな時間に歩いても気持ちいいので
私も一日一回くらいは一緒に歩くようにしていますv-439

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/967-157fe27b

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2