仏壇がやってきた

父は7人兄妹の6番目、母は4人兄妹の末っ子なので私はずっと仏壇のない家で育ちました

夫も末っ子なので結婚してからもずっと仏壇はありませんでした

私くらいの年になると、般若心経唱えられるよ、って言う友達も多いのですが
無関心というか覚える必要も機会もなく
初詣は神様に、盆彼岸は仏様にお参りし
困った時は神様仏様両方に手を合わせる
そんな仏教徒の自覚もない仏教徒である我が家に
仏壇がやってきたのです

13年前に父が亡くなった時
母は当然のように仏壇を買い求めました
これくらいの小さいのにしといたら、と私は言ったのだけれど
ct_b265.jpg
母のイメージする仏壇はこういうのらしく
仏壇
それでもいちばん幅の狭いのにはしたけれど
ザ・仏壇が実家に運び込まれた時
夫が「あれはいつの日かうちに引き取ることになるのかねえ」とつぶやきました

「まあその時はその時、何とか考えましょう」・・・・と答えたけれど
ついにその時がやってきました

1年8か月空き家にしていた実家の断捨離敢行中ですが
仏壇ばかりは断捨離するわけにはいきませんから・・

もちろん、小さな仏壇に買い替えるという手もあるのですが
せめて母が健在な間はこのままにしておこうかと、うちに運ぶことにしたのです

ところが
運べば済むと簡単に思っていたところ
仏壇を移すとなると
いったん魂を抜くためのお経をあげてもらい
次に新しい場所で今度は入魂のお経、と
いや、なかなか面倒大変です

昨日菩提寺からお坊さんに来てもらい、魂を入れるお経をあげていただきました

半ば義務感で持ってきた仏壇ですし
洋間の片隅に鎮座した仏壇は、その色かたちと線香の匂いで
なんとも言えない違和感をかもしだしているのですが
不思議に心安らいでいる自分に少なからず驚いています

父が
「これから、ここで世話になるよ」と笑っているような気がするのです

私も
「お父さん、長い間放っておいてごめんね。ここで、みんなのこと見守っててね」と鐘を鳴らしました




スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

らしいですねえ。

私も詳しいことは知りませんがお仏壇を引越ししたり、新しくしたりする毎に和尚さんを呼んでお経をあげてもらわなければいけないって聞いたことあります。(大変ですよね~、家具を置き換えるようなわけにはいかないんだもの・・・)

私も困ったときは神様・仏様にすがり学校はミッションスクールだったのに全く宗教に無関心で(ホント、罰当たりでスミマセン・・・(^_^;))、どちらかが先に死んだらお骨は手元供養にしておいて最後は一緒に二人分まとめて散骨にしてもらおう~って夫と話しています。

ご苦労様でした♡

我が里の場合は、お仏壇がぴったりはめ込まれていたので、大阪の弟の所に移すことが出来ず、新しく買い求めたんですよ。
やはり入魂式を行い、我々も大阪に出向きました。日帰りの飛行機の中で、雲仙普賢岳の大火砕流の映像がニュースで映し出され忘れられない日となりました。
今年はお友達が召された後で、一人きりになられケアハウスに移る事になられたご主人様が卓上お仏壇しか持って行けないと、代々の立派なお仏壇から小さなものに替えられましたので、pocoさんと同様、魂を抜き、新しいお仏壇に入稿されるのに立ち会いましたよ。お線香もロウソクも電池で灯すので、安全バッチリでした。

きっと、お母様が帰宅された時は安心されお喜びになられることでしょう!私まで親孝行したる気分を味わえるお話ありがとう♡

勉強になりました!

魂を抜いたり入れたり・・そういうコトをするんですね〜〜
そりゃ大変だ!!

うちの実家も仏壇はなくて、タンスの上に神棚のようなコーナーがあるくらいで、お線香をあげるコトもしていませんでした。
なので、ダンナさんの実家は小さめの仏壇があるけど、どのタイミングでお線香をあげたりするのか、礼儀作法とかがよくわかりませんー。

デパートに仏壇売り場があって見てみると、今って小さくてモダンなカッコイイお仏壇があるんですよね。
ああいうのならいいな〜とか妄想しました。・・が!
小さくてシンプルだけど、お値段見るとマルがいっぱい〜!!

♪カズの妻さんへ

もっとドライなつもりだったんですけどねぇ(;'∀')
いざとなると割り切れないことも多いものです

でも子供たちの代までには、何とかしておこうと思っています
自分たちのことも含めて(^_-)-☆
散骨・・・うちもこれがいいねなんて言ってます

それにしても二人一緒にだなんて、ホントっ仲がいいんだからあv-238

♪Largoさんへ

こうしていろいろお話を伺っていると、お仏壇は結構心のよりどころになっているんですねえ

亡くなった人がそこにいて、見守ってくれているような、話しを聞いてくれるような・・・

> 今年はお友達が召された後で、・・・・魂を抜き、新しいお仏壇に入稿されるのに立ち会いましたよ

亡くなった後あとまでご遺族に寄り添い、きっと天国でお友達も喜び感謝されていると思います。
お友達のご主人もお仏壇の前で報告されていることでしょう

>私まで親孝行したる気分を味わえるお話ありがとう♡
同世代、気持ちわかって頂けてこちらこそありがとうございます





♪カッパさんへ

> 魂を抜いたり入れたり・・そういうコトをするんですね〜〜
> そりゃ大変だ!!

そうでしょ!知らなかったでしょ?
私もな~んにも知りませんでした

毎日お水をあげたりお膳をこしらえたりお花を飾ったりなんて無理なので
そこは何かの時だけと割り切っています

気持ちの問題ですからv-8

しかし、仏壇やお墓のことなんて若い時は気にもしてなかったのにね
「その時」はやってくるもんですv-390

散骨とか..

うちの会社は家族経営の会社なんですが、数年前会長が亡くなり、海に散骨か樹木葬にしたいと生前いろいろ調べてたみたいです。お葬式もやりたくないと言っていたので、家族だけでやったそうです。

が、「ふつうがいちばんだよ」と言われました。
ふつうが一番手間がなくて、家族や親類や友人もちゃんとけじめがつけられ、その時に全部終わるのでラクなんだそうです。

お葬式をやらないと、一人一人がどうしたらいいんだと連絡してきたり、香典を持って思い思いに訪ねてきたり、みんな戸惑って大変だったそうで。
お骨もまだ家にあるんだそうです。

散骨は、勝手にそこらにまいてはいけないので警察?の許可がいるし、樹木葬も人気があって順番待ち、ひとりに1本の木だったり、大きい木に何人も埋葬したり、いろいろあるようで、「どうしよう?」というところで止まってしまっているようです。
息子さんである社長に言わせると、海に散骨したって流されて陸の方にたまるからトイレに流すのと結局同じだし、たくさんの人の骨が散骨されたら海が汚れるし、イメージだけだよね。

自分に譲れないこだわりがあるならいいけど、残された家族の負担を考えたら、ふつうにお葬式してお墓に入るのが、いろいろ決まっているのでいいようですよ〜

♪カッパさんへ

そんなものなんですねえ

2年前に奥様をなくされた知人も家族葬にしてご近所にお知らせしなかったら
後あと出会う人から「奥さんお元気?」って聞かれてつらい思いをしたって。
お葬式は告知の場でもあるんですね

人は、モノだけでなく他人とのいろんなつながりをもって生きてるんだなあと思い知らされます

さて、自分の時はどうしてもらおうかなあ(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/978-310818aa

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2