スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな年の瀬に思う

先週、夫の今年最後の抗がん剤点滴が済みました

ガンが判明した去年4月以来
感染症で高熱が出た時を除いて
週に一度の抗がん剤点滴を続けているのです
命永らえるためには、雨が降ろうが槍が降ろうが
続けなければいけないのです(3週続けて1週休み)

非常に珍しく、厳しいガンであり転移再発しやすいという情報に
我が家の平和がガラガラと音たてて崩れていく思いがしたけれど
あれから1年9か月

大量の放射線照射の影響でひどいやけど状態が何か月も続いて大変だったり
感染症で入院したりもあったけれど
今こうして穏やかに年の瀬を過ごせることに感謝です

神様仏様だけでなく
「具合どう?」と気にかけてくれる友人たちにも
そっと見守ってくれている子供たちにも
そして誰よりも、大した愚痴も言わずに治療を続ける夫に
ありがとうと言いたい

その割には扱いが雑やないか、夫からはクレームがつきそうですが
いやまあ、態度には出てなくても気持ちはあるからね

副作用が懸念される抗がん剤をこの先何年も続けなければいけないし
抗がん剤も続けているうちに効かなくなってくるということもあるらしい
再発転移の不安は常に付きまとってはいるけれど
とりあえず今年は無事に過ごせそうです

いや、まだあと3日あるから、何があるかわからないけど・・・(´・ω・`)

来年はどんな年になるのでしょうか
前期高齢者の道をひた走る我々にとって
生きてきた時間より残された時間の方がはるかに短いのです

平凡な日々を
愛おしみながら過ごしていけたら・・・と静かに思う年の瀬です

ねぇ、りく
なにか?
呼んだぁ?
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

だよねー

気がつけばもうそんな時間が過ぎていたんですねぇ。淡々と治療続けるpoco夫さんと優しく(?)見守るpocoさん立派です。

我が家は先週義母の葬儀を済ませました。
(あーぁ年賀状出してしまったんだよね…)
未だ一週間前のことなのにもう何日も経っている感じがします。

バタバタ繰り返す変わりない毎日が一番って年の瀬にしみじみ感じています。

良いお年を!

ホント、ホント!
平凡な日々を愛おしみつつ、お互い仲良く過ごしていきまょう!
遠く神戸に思いを同じくする友がいる幸せを感謝しつつ、来年も良い年であるよう祈っています!

人生の扉をしみじみと噛み締めて聞く今日この頃ですが、先日のテレビのクリスマスの約束という番組で、サイモンとガーファンクルのOldmenを聞いて、字幕の和訳にグッと来て、何度も録画でリピートしてる私です。(笑)
共にベンチに座って語り合う友で居て下さいね。(笑)

♪カズの妻さんへ

びっくりしました!
急変されたんでしょうか

>バタバタ繰り返す変わりない毎日が一番って年の瀬にしみじみ感じています。

押し迫ってからのことで、何かと大変だったでしょうね
お疲で出されませんように

お義母さまのご冥福、お祈りいたします

♪Largoさんへ

> 共にベンチに座って語り合う友で居て下さいね。(笑)

共に白髪のおばあさんが二人ベンチでおしゃべり、それもぺちゃくちゃと(笑)・・・想像してしまいました
もうすぐですよねー(笑)
うれしいです!心強いです。いつまでもよろしく!

数年前に行ったサイモンとガーファンクルのコンサートの一曲目が確かold friends
竹内まりあの人生の扉も大好きです
しみじみと、改めて聞いてみます!








トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/984-3004d4eb

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。