小さなビッグプレゼント

3月29日は夫の誕生日でした

1型糖尿病の発症から19年、血管肉腫の判明から2年

綱渡りのような思いに駆られる日々ではありますが
元気でこの日を迎えられたことにただただ感謝の我が家に
とびっきりのプレゼントが届きました

初孫の初帰省です
蜀咏悄+2016-03-29+17+39+19_convert_20160331004909

生まれて3ケ月にもならないこの小さなひな鳥は
ひいばあちゃんからめったにないほどの笑顔を引き出しました
IMG_2581_convert_20160331011242.jpg

ただ、元気な泣き声にりくは迷惑顔ですけれど(;^ω^)



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

きゃー、可愛い~♪

ひいおばあちゃまと見つめ合うお顔が、
とっても可愛いですね。
ぷくぷくのおててとあんよ、つんつんしたい♪

ご主人のお誕生日おめでとうございます。
素敵な一年を過ごせますように☆

♪SP♪さんへ

ありがとうございます

この子が笑うと、みんなが笑います
泣いてばかりのくせに、平和と幸せをもたらすベビーパワーは凄い!

この愛らしい時を少しでも長く味わいたくて
ゆっくり大きくなってほしいなあと思うわがままばぁばです

おめでとうございます!!

いや〜〜〜ん、カワイイ!!
りくくんとペアルックですか♪
お母さまの笑顔も見られてよかったですね〜〜

夫さんお誕生日おめでとうございます!!(^0^)
そうそう、みんな「おめでとう」って言うと「もうおめでたくない」なんて言うけど、いまの年齢まで生きてこられたことが、めでたいな♪♪ って思います・・。
こないだ読んだ「ぼくたちにもうモノはいらない」に、「人は今この瞬間しか感じられない。過去や未来の自分の気持ちは想像できない。」と書いてあり、なるほどそうだなぁ〜と思いました。
いま、楽しくあることが、大事なんですね..。

♪カッパさんへ

そうです!あこがれのワンコとマゴのペアルック(笑)

無事に誕生日を迎えられるって素晴らしいことです
めでたいめでたい!
しかもこんな素敵なプレゼントが来てくれたんだから、夫は幸せ者ですv-238

実家を片付けたり、自分ちも断捨離のまねごとをして以来
ものに執着しなくなってきたわたくしです(ほんまか?)
「ぼくたちにもうモノはいらない」ってタイトル、そそられるなあ

ちょっと意味合いが違うかもしれないけれど
枯れきれない年齢のせいか、置かれた状況のせいか
漠とした不安の中で、未来が考えられません

今を楽しく、一日一日を積み重ねていけば良き未来につながっていくのかもね

待ってました♡

かわいい♡
お母様も曽孫さんと嬉しいご対面、おめでとうございます!
あなたの喜びが伝わってくるお写真ですね〜〜

陸くんとのツーショット、待ってました!!
もうすぐアップされるかも〜〜〜と思いつつも、孫達の春休みでバタバタ(笑)やっと一段落、確認が遅くなって申し訳ありませんでした。
いいなぁ可愛いお孫ちゃん抱っこ出来て!
私は赤ちゃん抱っこするが大好きなんです♡

東京の高校の入学式も無事終わり、今朝は初登校に娘がハラハラしてました(笑)そうそう、今年も神戸からの春の味覚釘煮に孫達は大喜びしてましたよ\(^o^)/

ご主人さまの1番のお誕生日プレゼントはお孫ちゃんの笑顔だったことでしょうね〜お誕生日おめでとうございます♡

おめでとうございます!!

ご主人さまのお誕生日おめでとうございます!!
良き一年になりますようお祈りします。

きゃあ♡なんて可愛いお孫ちゃま♡
命の力がキラッキラッしてますね。
お母様の中の命の輝きが笑顔になって溢れ出してくる…素敵なお写真ありがとうございます。
りくくんとのペアルックも素敵!!
これって…夢♡ですよねぇ〜!!





♪Largoさんへ

ありがとうございます
夫の誕生日に合わせた帰省は何よりのプレゼントです

孫と愛犬とのツーショット
やっと夢がかないました(笑)

たくさん抱っこしたかったのですが
もう人見知りなのかすぐに泣かれて・・・
赤ちゃん時代はアッと言う間
次に会う時にはまたずいぶん変わっているんだろうなあ

Largoさんのところはもう高校生がお二人!
ひ孫ちゃんもそう遠くないかもねv-10

♪花楓☆さんへ

ありがとうございます

子供たちの思いやりのおかげでいい誕生日になりました

この子が笑うとみんなが笑う・・
どんな薬よりも免疫力を高めてくれるベビーパワーに脱帽です

みんなが赤ん坊に向いてるので、やきもち焼かないように、もちろんりくもすごいよ、って抱きしめておきました(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/992-5da8b8c5

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2