海の見える街

今日は夫の抗がん剤点滴の日

血液検査に始まり診察の後、点滴が始まるまでスムーズに行って2時間
終了まではそれからまだ2時間半
本人は仕事のように毎週こなしているが
副作用だってあるし、しんどくないはずがない

それでも命をつなぐ抗がん剤を止める訳にはいかない

私はその現実から目をそらしていたくて
病院の正面玄関で夫を降ろすと、さっさと帰ることにしている
いつも、心がチクッと痛むけれど

今日は夫を迎えに行くまでの時間、友達が付き合ってくれることになっていた
彼女がくるまでの時間つぶしにumieに行った
ここは駐車場が広いうえに、平日は3時間無料と太っ腹なのだ

昼間は観光客などでにぎわうテラスも、お店のオープン前なのでまだ人影少なく
朝の日を浴びた海のきらめきを独り占め
蜀咏悄+2016-05-12+10+07+49_convert_20160512235422

快晴の空があんまり気持ちいいので、向かいの突堤までぶらぶらと散歩
蜀咏悄+2016-05-12+10+21+31_convert_20160512233451

孫が大きくなったら、私の大好きなこの海を見せに連れてこよう、なんて思ってたら
気持ちもパーッと晴れてくる

さて、日焼けも怖いし
そろそろ友達がやってくるころ・・・戻ろうかな


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

5月の匂い

わぁ〜神戸の海だ!!

どこでもドアがあるなら、即会いに行くのになぁ!
脳裏に焼き付いてるそこの海の色と5月の風の匂いが、お写真からよみがえるわ、ありがとう♡

私も、この5月で発症して8年、入院中に生まれた桃子は一昨日8歳のお誕生日を迎えました\(^o^)/
これからもご主人さまに倣って頑張りますので、よろしくお願いいたします!

お写真ありがとうございまーすーー気持ちを新たにすることが出来良かったです♡

♪Largoさんへ

8年・・・
生まれたての赤ん坊だった桃子ちゃんが小学生2年生なんですから
年月の何と速いこと!
Largoさん発症直後に知り合いましたから、私たちのお付き合いの歴史も8年目になりますね
神戸がつなぐうれしいご縁を感じながらの8年です

ここ数年は血糖コントロールももうすっかり安定のご様子
青春時代の思い出に浸りにいらっしゃいませんか(^^♪?

おつかれさまです〜

相手の気持ちを思い、寄り添うことは大事だけど、いっしょに辛くなることはないと思います。
夫さんの病気は夫さんのものであって、pocoさんが苦しむことなんてない。
送り迎えしたり、ごはん作ってあげたりするだけで、十分だと思います。

病気で苦しんでいる家族がいると、心底楽しめなくなっちゃいますよね。
自分までしんどくならないように、見すぎないようにするのは一種の努力だと思えました。
できるだけ、自分の時間を楽しく過ごしてください。
pocoさんがご機嫌良くしていることで、家族が家にいる幸せや安心を感じられるんじゃないかな〜と思います♪
 

♪カッパさんへ

夫の病気は、常に私の気持ちのどこかに存在しています
共に闘わなければ!なんて気持ちでいたから
一人で楽しむことに後ろめたさを感じていたけれど
最近いろいろあって「私の人生私のものなんだもん」って思うようになったんです

カッパさんからのひと言ひと言、心に染みます

>自分までしんどくならないように、見すぎないようにするのは一種の努力だと思えました。
>できるだけ、自分の時間を楽しく過ごしてください。

ありがとう!うれしいアドバイスです

それでも、夫の病気の存在を忘れることはできないし
体調を窺うことはやめられないけれど
見すぎないよう努力します

>pocoさんがご機嫌良くしていることで、家族が家にいる幸せや安心を感じられるんじゃないかな〜と思います♪

プリプリふてくされているところ見られちゃったかな(笑)
これが一番大切ですね!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/998-91e84f85

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2