始まりはいつも春

昨日、夫の誕生日でした

70歳・・・・古希です
う~~ん、Gさんですな
まあ、私も数年後には行く道なので
あまり言わないでおこう

20年前の3月に1型糖尿病を発症
3年前の同じ時期にガンの宣告

そう
始まりはいつも春なのです

まだ肌寒さの残る早春の空気に触れた時
ざわざわとした気持ちになるのは、その時のショックや不安さを思い出すからかもしれません

3年前、血管肉腫との告知を受けた時
治療法も確立していない怖い怖いガンであるという情報しかなく
まだ60代なのに・・・・どうぞこの人をあと3年
せめて70歳まで生かして!と祈りました

その70歳を無事に過ぎて
今日、神様ありがとうございました、と神社にお参りしてきました

次は発症後5年生存を目指しましょう
そう、10年なんて一気に贅沢は言いません
少しずつ少しずつコツコツと・・・です

ガン治療のための抗がん剤点滴でHbA1cはかなり上がったけれど 
そのおかげで、あれほど私を悩ませた無自覚低血糖 低血糖は皆無になりました
皮肉なものです

常に一抹の不安と二人三脚ではありますが
名実ともにGさんとBaさんになって
この子の笑顔に目を細め(たまにしか会えないけれど)
IMG_8453_convert_20170330221432.jpg

この子に癒されて蜀咏悄_2017-02-08_20_29_30_convert_20170330230119
4年目がスタートです


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2